月別アーカイブ: 2019年5月

オンラインカジノが選ばれている理由

オンラインカジノとはどのようなものなのか

オンラインカジノは、インターネットのオンライン上で楽しむ事が出来るカジノです。
元々、本場のラスベガスやマカオなどのカジノに関しては、古くからの歴史があるもので、大人たちの社交場として親しまれてきた歴史があります。
しかし、オンラインカジノが登場したのは、1994年であり、初めてオンラインカジノの運営会社に正式にライセンスが発行されるという旨の法律が可決されて、オンラインカジノが誕生しました。

その後大手のマイクロゲーミング社などがオンラインカジノに参入し、パソコンが普及すると同時に著しく成長していきました。
1999年には、マルチプレイヤーテーブルなどが登場することで、盛り上がりを見せるようになり、今では全世界に8千万人以上のプレイヤーが存在しています。

このオンラインカジノですが、その他のギャンブルゲームにはないいくつもの特徴を抱えています。
そこで、オンラインカジノを始める前に、その他のギャンブルとどう違っているのかという点について具体的に見ていきましょう。

海外で運営されているオンラインカジノ

オンラインカジノは、他のギャンブルとは違い、海外で運営されているという違いがあります。
オンラインカジノは主に海外の有名な企業がオンラインカジノ事業に参入をしており、本場のライセンスを取得した上で運営されています。
日本国内のユーザーは、こういったオンラインカジノにインターネットからアクセスをすることで、カジノゲームを手軽人楽しめるようになっています。

最近では、日本語対応のオンラインカジノが増えてきていますが、オンラインカジノは海外産のものであり、国内で運営をすることは違法となっています。
つまり、オンラインカジノは、公営ギャンブルとはまったく種類が異なっているので、公営ギャンブルとはこの点では違うのです。

パチンコやスロット、そして競馬などの日本の公営ギャンブルは法律に則って運営されています。
オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルではありませんので、法律的にはグレーゾーン的な位置づけとなっており、この点でも違いがあります。

群を抜いてペイアウト率が高いオンラインカジノ

オンラインカジノと他のギャンブルの違いとして、そのペイアウト率の高さがあります。
ペイアウト率とは、還元率のことを言います。

オンラインカジノのペイアウト率は非常に高くなっています。
そのペイアウト率は94~98%という還元率で一年中保たれており、全てのカジノで共通しています。
こちらのペイアウト率は、本場のラスベガス、マカオなどのランドカジノと匹敵するほどです。
日本の公営ギャンブルであるパチンコやスロットのペイアウト率が75~80%であり、宝くじについては、還元率は50%程度となっています。
比較してみると、オンラインカジノがそれだけペイアウト率が高く、勝ちやすいということが分かります。

ペイアウト率に関しては、オンラインカジノは、テナント料がかからず、人件費や設備費用がかからないので、これだけプレイヤーへと還元できると考えられています。
ただし、オンラインカジノのペイアウト率が高いことは事実ですが、スロットのように何回転もするゲームもありますし、交換率の高いパチンコ店と比較すると、ペイアウト率が環境によって変わってくるということも頭に入れておきましょう。

ゲームの遊べる時間の自由度の違い

日本の既存ギャンブルの場合、パチンコにしても競馬にしても、開催日や場所が決まっています。
このため、どのギャンブルをやるにしても、あらかじめ時間帯や開催日が決まっている為、その日やその時間帯以外に楽しむ事は出来ません。

一方、オンラインカジノの場合は、24時間365日インターネット環境さえあれば、いつでも好きな時に好きな場所で楽しむ事が可能です。
パソコンや最近ではスマホ対応のオンラインカジノもありますので、外出先でも手軽に利用する事ができるようになっているのが魅力となっています。
普段忙しく過ごしているという方も、仕事から帰宅後のちょっとした時間でも楽しむ事ができるのが特徴で、自宅で楽しめるのも魅力となっています。

ゲーム数が豊富なオンラインカジノ

オンラインカジノの場合、そのゲーム数は、数百とも言われています。
一般的な日本の公営ギャンブルの場合、同じゲームでしか楽しむことはできません。

しかし、オンラインカジノなら、ルーレットやスロット、ポーカーなど様々なカジノゲームがありますし、数百種類以上のゲームで楽しめます。
このため、まず飽きる事はありません。

そして、ライブカジノといってライブ形式で行う事ができるものもあり、それを利用すればまるで目の前にディーラーや他のお客がいるようなライブ感覚で楽しめるのが魅力となっています。
このようにゲーム数で考えれば、日本の公営ギャンブルに比べ圧倒的な数を誇っているのが特徴です。